トイレの異物を取り除く


ラバーカップトイレのつまりを取り除くために最初にやることは、異物が見える位置にある場合は、手を入れて取り出せる可能性があります。衛生的に問題があるため、ゴム手袋を装着します。次に手が届く範囲で異物をつかんでみて、特に抵抗が無ければそのまま取り出します。もし取り出そうとしても便器の排水口に引っかかって取れない場合は、無理に取りださないようにします。

異物が見えると、簡単に取れるように感じますが、トイレの排水口は複雑に入り組んでいるため、異物の形状にもよりますが、途中で詰まってしまっている場合は簡単に取れなくなることがあります。異物が見えると、なんとかして取り出したくなりますが、手で引っ張っても動かない場合は、あきらめて業者に依頼することをお勧めします。

トイレのつまりと言えば、一度は目にしたことがあるラバーカップがあります。通称便スポと呼ばれています。便スポは、使用可能なケースと使用不可のケースがあります。基本的に便スポは、水に溶けるトイレットペーパーなどが詰まった場合に使用する道具なので、便スポを使用して解消できるつまりとは、水溶性のものが詰まった場合に限定されます。つまり異物の落下によるつまりには使用できません。

トイレのつまりを自力で解消する


トイレもしトイレに異物を落としてしまったら、絶対に水を流さないようにすることです。水を流してしまうと、水の流れで異物が便器の奥まで流されていく可能性があり、結果的に配管の奥の方で詰まってしまい、取り出せなくなってしまう恐れがあります。つまり、落としてしまったあと流そうとせずに、状況を悪化させないためにも現状維持のままにする必要があります。

異物が見える場合は自分で除去できる可能性があります。その場合に準備する道具は、ゴム手袋、マイナスドライバー、雑菌消毒処置用具などです。これらの道具を作業する前に準備しておきます。

道具を準備したら次に止水栓を止めます。止水栓にはマイナスドライバーで止めるタイプと、ハンドルを回して止めるタイプの2種類があります。マイナスドライバーで止水するタイプは、準備したマイナスドライバーで止水します。また、ハンドルで止めるタイプの場合は、そのまま手で回してタンクへの給水を止めます。どちらのタイプの場合でも、止水栓はほとんど回すことが無い部分なので、うまく回らない場合は無理をせず水道の元栓を閉めて水を止めるようにします。いずれの状態においても、水が流れると作業に支障が出るため、必ずタンクへの給水が出来ない状態を確認し、次の作業に進みます。

トイレがつまる原因


トイレのつまりの原因のほとんどの場合は異物が配管内をふさいでしまい発生するものです。自分が流したものがわかる場合は対処法もすぐに判断できますが、誤って流したことに気づかない場合はやっかいです。トイレが詰まると、一般的に便スポでつまりを解消する方法が一般的ですが、異物の形状によっては、便スポを使うとかえって状況が悪化する場合があります。

配管の奥に詰まってしまった場合、例えばトイレの排水管のトラップの中や床排水アダプターに詰まっている場合は、あきらめて業者に依頼しましょう。業者に便器をはずしてもらい、異物を除去してもらいます。

トイレの便器に物を落としてしまった時は、対処方法が間違っていると、落とした物体がトイレの配管の奥の方に入り込んでしまって、便器を破損させてしまう可能性があります。最悪の場合には、便器を分解して異物を取り出す作業が必要となり、修理費用も高額になる可能性があります。そのため基本的にはトイレに異物を落としてしまった場合には、個人でなんとかしようとせずに業者に依頼するのが無難な選択と言えます。しかし落とした物体が比較的浅いところにある場合や、目視で確認できて取り除ける場合は、自力で取り出すことが出来る場合もあります。

トイレのつまりとその構造


便器トイレのつまりに影響するトイレの構造ですが、大きく分けると腰掛便器、いわゆる洋風便器と呼ばれているものと、和風便器の2種類があります。最近の一般家庭では腰掛便器が一般的になりつつあるため、腰かけ便器の構造について説明します。

腰かけ便器の汚物が流れ込む場所に水が溜まっています。便器の水たまりには、下水管とトイレ内を遮断し、下水の臭気が上がってくるのを防ぐ役割があります。さらに、水を溜めることで便器への汚物の付着を防止する役割があります。水たまりの水位は排水路の形状によって決まるため、水量の調整はできません。

次は汚物が流れる排水路です。汚物を洗浄水とともに排出させる便器内の通路のことです。配管の内径が大きさがあるほどつまりにくくなりますが、限られた水量で排出させなければならないため、むやみに大きければよいというわけではありません。このため、便器に流せるものの種類や大きさには制限があります。当然ですが、配管よりも大きなものを流そうとしても詰まってしまいます。

最後は貯水タンクです。まずはボールタップです。浮玉が下がれば給水し、浮玉が上がれば水を止めます。貯水量をコントロールする役割を担っています。次はオーバーフロー管です。ボールタップが故障した場合などにタンクの外へ水があふれるのを防ぐために取り付けられています。オーバーフローしたときはこの管をつたって水を便器へ逃がします。次はフロートバルブです。フロートバルブの開閉により、タンク内の水を便器へ流したり、止めたりします。